THE YARD


LOOK

2019 AUTUMN / WINTER 11

きもの

片貝木綿/乱絣/黒

25-01-100053-011

¥53,000

片貝木綿は「職人の町」と呼ばれている新潟小千谷市片貝町で生まれました。その発祥は昭和20年代、柳宗悦の提唱した「民衆的工藝運動」の一環として、柳指導のもと、片貝木綿という独自の織物が出来ました。鑑賞のための美ではなく、「用の美」という、日常的なものの中に美しさを見出すという考え方の基、作られたきものです。
陰の中に、光が差す様子を大小様々な絣柄で表現しました。

角帯/沖縄/ミンサー

25-35-100037-010

¥39,000

沖縄の八重山諸島全域で作られる帯です。ミンサー帯は、通い婚が風習であった時代に婚約成立の証として、女性から男性に贈った角帯が始まりとされています。四角の絣模様を5つと4つを組み合わせ、帯の端部分をムカデの足に見立てて、「いつ(5つ)の世も(4つ)足繁く通って下さい」という意味があります。THE YARDで取り扱っているミンサー帯は天然染料を使用し、全て手織りによって作られています。

PAGE TOPへ