THE YARD


LOOK

2018 AUTUMN / WINTER 15

きもの

片貝木綿/親子縞

25-01-100046-011

¥53,000

片貝木綿は「職人の町」と呼ばれている新潟小千谷市片貝町で生まれました。その発祥は昭和20年代、柳宗悦の提唱した「民衆的工藝運動」の一環として、柳指導のもと、片貝木綿という独自の織物が出来ました。鑑賞のための美ではなく、「用の美」という、日常的なものの中に美しさを見出すという考え方の基、作られたきものです。太細の異なる1本ラインを織りで表現したことで、仕立ての際の柄の出し方で印象が変わりますので、自在にカスタマイズしお楽しみください。

名古屋帯/伊勢型/幾何学/ベージュ

25-31-100016-011

¥59,000

三重県鈴鹿市白子にある型紙の老舗「オコシ型紙商店」の何百枚のものの中からセレクトした型を使用しています。紬らしい節のある柔らかい生地を使用し、細かい幾何学調の柄は一見遠めから見ると無地に見え、近くで見ると柄が分かるようになっています。そうした品のある素朴な拘りがブランドらしい帯になっています。

アウター

AUGUSTE-PRESENTATION/ウールコート

昨年ご好評でしたAUGUSTE-PRESENTATION別注ファーコートを、今年はウール生地に変更しました。きものの羽織のようなデザインで、和洋兼用で着用できるトッパーデザインになっています。
発売日は11月を予定。

PAGE TOPへ